current page
Accessori e abbigliamento
月アーカイブ
おすすめ記事
DUCATI SAPPORO

Staff Blog

Blog post img

ハイパーモタード・ファミリーに、ハイパーモタード950 RVEが加わり、ラインナップがさらに充実しました。

Game on. Level up

新型ハイパーモタード950 RVEは、2019年にイタリアのコモ湖で開催され、クルマやモーターサイクルのエレガンスさ(見た目の美しさ)を競うコンクール、コンコルソ・デ・エレガンツァ・ヴィラ・デ・エステに出展され、アワードを受賞したハイパーモタード950コンセプトをベースにしています。

まったく新しいカラーリングを纏ったこのニューバージョンは、ドゥカティ・スタイルセンターによって企画・開発されました。

都会のストリートアートにインスピレーションを得た、非常に印象的なグラフィック・レイアウトを採用したことにより、軽快でアグレッシブなキャラクターを強調し、コンセプトモデルと同様に細心の注意を払って製作されています。

HYPERMOTARD950RVEはSTDのHYPERMOTARD950をベースにしています。

専用のグラフティカラーリング

“グラフィティ”と呼ばれる950 RVEのカラーリングは、都会のストリートアートにインスピレーションを得たもので、軽快でアグレッシブなバイクのキャラクターを強調しています。

ドゥカティは塗装工程において、非常に薄いスライド・デカールを採用、高度な職人技を駆使して非常に複雑で手間のかかるプロセスを採用する必要がありました。

その結果、滑らかな表面と高い耐久性を備えたエアブラシペイントと同等の仕上がりが生み出されています。

限界なきコントロール性

ハイパーモタード950は、最大限の走る楽しさを実現するために、幅広いハンドルバー、スリムなサイドプロフィール、フラットでより長くなったシートを備え、快適性を向上させるため、パッセンジャー・シートには適度な厚みが設けられています。

950 RVEおよび950 SPバージョンには、プロフェッショナルなモタード・スタイルを反映したフラットなシートが装着され、ライディング中にシートを前後に移動しやすくなっています。

更に950 RVEには、同系色を組み合わせたドゥカティ・ロゴを備えた専用のシート地が採用されています。

もう少し違いを比較してみましょう

シート高870mm  ホイールベース1493mmは両車両とも同じです。

 

外装、シートの違いの他にはSTDがレッドフレームに対して950RVEはブラックフレーム

テールカウルはSTD=RED、950RVE=BLACK

ホイールはSTD=BLACK、950RVE=RED/BLACK

そしてアップダウンのクラッチレバー操作がいらないドゥカティクイックシフトは

オプション扱いだったSTDに対して、950RVEは950SP同様標準装備となっています。

モタードスタイルながらSBKさながらのスパルタンさを持つ950SPは少し手強いと思っていた方は

HYPERMOTARD950RVEはスタイル的にもかなり刺さるモデルではないでしょうか?

気になるプライスや日本導入時期はまだ未定となりますが2020年通常販売モデルはHYPERMOTARD950SPのみで

STDのHYPERMOTARD950は受注生産扱いになっている所を見ると950RVEも日本導入台数はかなり少な目になりそうな予感がします。

確実に手に入れたい場合はお早めにご相談頂くのが吉です!

是非DUCATI札幌までお問い合わせ下さいね!

 

2020 6.30

足回りメンテナンス&タイヤキャンペーン開催!

2020 6.19

明日の6/20・21日限定!ストファイV4試乗会開催

...
store

ドゥカティ札幌

〒004-0811
北海道札幌市清田区 美しが丘1条4丁目1-1
電話: 011-883-8000 Fax: 011-883-9000
営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日